デリケートゾーンを自宅処理するなら除毛クリームが便利。

デリケートゾーンのムダ毛のお手入れはどうしていますか。エステサロンやクリニックで、プロによる脱毛の施術を受ければキレイになること間違いなしですが、デリケートゾーンを他人に見せるのはちょっと躊躇してしまう、という人も多いのではないでしょうか。そのような人に除毛はクリームによる自宅処理をおすすめします。自宅処理ならひとりでこっそりとできますし、エステサロンやクリニックに通う時間や費用の節約にもなりますよ。

【どんな除毛クリームの選べばいいの】
除毛クリームを選ぶときは、美容成分入りのものを選ぶようにしましょう。敏感な箇所なので、お肌の負担を最低限に抑えたいですよね。お肌に悪そうなものや、香料や着色料などがやたら入っているものは避け、できるだけ無添加な製品を選ぶようにしましょう。

【使い方をよく読んで正しく使用しよう】
除毛クリームの使用方法は製品によって様々です。ティッシュで拭き取るタイプのものもあれば、洗い流すタイプのものもありますので、しっかり把握してから使うようにしましょう。

【アフターケアは必須】
どんなやお肌にやさしい除毛クリームでも、お肌に多少の負担をかけることは否めません。使用後は必ずアフターケアをするようにしましょう。低刺激のボディローションなどや乳液などで、十分に保湿してください。また除毛後に入浴する場合は、刺激の強い石鹸で、デリケートゾーンをゴシゴシ洗うのはやめておきましょう。

デリケートゾーンの脱毛範囲:自宅処理の限界

デリケートゾーンの自宅処理は、従来女性が自分の手で行ってきた方法です。ハサミやカミソリをでアンダーヘアを整え、下着や水着からヘアがはみ出さないようにするのが目的でした。この方法では費用があまりかからないのがメリットでしたが、ディメリットもあります。それは、刃物をデリケートな部位近くで扱う危険性、剃刀負け、皮膚の黒ずみ、繰り返し行う事、などがディメリットでした。しかし他に選択肢がなければ、ディメリットと言ってもあまり意味がないかも知れません。そして次にブラジリアンワックスが用いられるようになりました。ワックスをヘアに付着させ、一気に引き剥がすのです。そのためアンダーヘアのほとんどを一気に脱毛させてしまうということができました。この場合のメリットは、やはりワックスが安価でコストが安い点、それから刃物を用いる事なく安全に脱毛する事ができる点です。ディメリットは、無理矢理ヘアを抜く事による痛み、ヘアを残す・残さないの部位の選択が難しい、それから前者同様に周期的に繰り返し行わなくてはならない点です。

デリケートゾーンの自宅処理というと、脱毛範囲のコントロールがほとんどできません。ハサミとカミソリではVラインの手入れだけでしょうし、ブラジリアンワックスではヘア全面をすべて引き抜くのに近い形になります。

今日のデリケートゾーン脱毛では、エステや美容医療などで、OラインとIラインは完全脱毛、Vラインは脱毛する範囲をほぼ任意の状態にし、Vラインを逆三角形・丸形・長方形・ハート型・完全脱毛と、自由に選択できるようになっています。

脱毛でデリケートゾーンの黒ずみができる?解消と予防とは?

デリケートゾーンの黒ずみに気がついたのは、VIO脱毛後だったという方もいます。
普段はムダ毛で覆われていて、こんなに黒かったと傷つく方もいます。

何もしていない、VIO脱毛なんてしたこともないけれど、どうして?と思う方に、一応ご安心くださいと言いたいです。
というのも、日本人の肌質から言って、デリケートゾーンは黒ずみが起きやすいです。
それは欧米人と比較をすると、メラニンが多いからです。
白人女性と決して比較はしないことです。

もともとある程度の黒ずみがあるのは確かですが、もしスキンケアを始めたら、白くなるのではないか思うのはごもっともなことです。

そこで、美白石鹸、肌ケア用のクリームやジェルなどの商品が目白押しです。
グリチルレチン酸などの美白有効成分が配合したものも多く、デリケートゾーンにも安心な低刺激な商品がいろいろとあります。

ですから、Vライン脱毛などの後、なんとなく黒ずみがある方で、スキンケア未経験の方は、是非美白のためのケアを始めてみてください。

VIO脱毛をもし自分で行っている方の場合、自己処理方法が間違って、肌を傷つけている場合があります。
知らずにメラニンを分泌し続けていることがありますから、刺激の少ないアンダーヘアのムダ毛処理をしましょう。
黒ずみケア商品はこちらアソコの黒ずみに効果的!イビサクリームでデリケートゾーンをケア
一番安心なのは、美容皮膚科や脱毛サロンなどでの施術で、ハイジーナ脱毛をすることです。
もちろん保湿と美容成分がたっぷりのアフターケアがあり、肌にも優しい施術ですから、黒ずみをひどくしない方法での脱毛ができます。

デリケートゾーンの自宅処理方法の限界とは

デリケートゾーンを自宅処理する方法は、二通りあります。ひとつはハサミと剃刀を用いてアンダーヘアを整えて、下着や水着からはみ出さないようにする方法です。もうひとつは、ブラジリアンワックスの使用することです。クリームをアンダーヘアに塗り付けて、引き剥がす事で脱毛するというのがブラジリアンワックスの特徴で、この場合はアンダーヘアを完全になくしてしまう形での脱毛になります。

ハサミと剃刀を用いる方法は、費用こそかかりませんが、デリケートゾーンに刃物を使う点で危険だといえますし、繰り返し剃刀をあてた肌はどうしても傷んでしまい、黒ずみのもとになります。さらに周期的に何度も同じ事を繰り返さなくてはなりません。アンダーヘアは連続して、へその周囲から股間を抜けて肛門の周囲にまで連続して生えています。ハサミと剃刀ではVラインの手入れまでが限度でしょう。またブラジリアンワックスはその点を解決できると言っても、やはり強い痛みがありますし、アンダーヘアを完全に脱毛させてしまうと温泉や銭湯などで恥ずかしいということもあるかも知れません。このあたりが自宅処理、つまり自分の手で行うデリケートゾーン脱毛の限界といえます。

今日では美容業者によるアンダーヘア脱毛の各種メニューが人気です。口コミサイトでも好意的な情報があふれ、美容業者の宣伝効果を上げ、理想的なマーケティング手法になっているほどです。プロの手に任せれば、Vラインを任意の形に残したり、IラインやOラインの完全脱毛を行って、美意識を満足させるだけではなく快適性まで手に入れることができます。

ハイジニーナ脱毛は自己処理でできる?

ハイジニーナ脱毛は自己処理でできる?
アンダーヘアに悩みを持っている人は少なくないですよね。

自己処理って実際どうなの?

そこでハイジニーナ脱毛をしたいけど、エステやクリニックでは料金も気になるし、やっぱり恥ずかしいし。
自己処理ができるといいのですが、実際はどうなのでしょうか?

自己処理は身体能力勝負
アンダーヘアすべてを脱毛するハイジニーナ脱毛は、かなり広範囲を処理しなくてはなりません。
おまけに、手や目の届きにくいところなので、首が痛くなったり、手がつりそうになったりしてしまいます。

また、見えない部位のお手入れには、鏡を使って処理していくわけですが、慣れないと左右や上下がわからなくなり、誤った操作でデリケート部分を傷つけてしまうことも。

このようにハイジニーナ脱毛の自己処理は、体の柔軟性や筋力・体力、優れた運動神経が必要になります。
あなたは大丈夫ですか?

脱毛といえば毛抜き?
ハイジニーナ脱毛をするための身体能力は、根気と慣れでカバーするとして、どんな処理方法が適しているのでしょうか?

カミソリやシェーバーで処理するのは、「脱毛」とはいえませんね。

毛を抜くとなると、まず思いつくのが毛抜きですが、1本1本抜いていくのは、痛みや炎症はもちろん、時間がかかってしょうがありません。
しかも、毛抜きで抜くと埋没毛ができてしまい、汚いお肌になってしまいます。

美しくなるためにハイジニーナ脱毛をするのに、これでは本末転倒ですよね。

脱毛テープは使える?
脱毛テープをやわらかいデリケートゾーンに使うと、皮膚まで引っ張られてうまくヘアを抜くことができません。
そして毛抜きと同様、痛みや炎症、埋没毛を引き起こしてしまいます。

雑菌が入ると膿んでしまうこともありますので、無理に抜くのはやめましょう。

家庭用脱毛器の効きめ
最近では、エステで使われているのと似た家庭用脱毛器が売られています。

シェーバーで剃ってから、ハンディタイプの脱毛器を当てていくのですが、エステで施術を受けたのと同じように、数日経ったら毛根からスルリと抜けていきます。

プロに任せるのがオススメ

自分でハイジニーナ脱毛をするなら、この家庭用脱毛器がおすすめですが、エステやクリニックでの施術より効果は低く、時間がかかります。
それにこれも身体能力と根気を要しますし、機器本体はエステでの施術料金に匹敵するほどの値段です。

ワキや脚などのほかの部位も脱毛していく場合や、エステやクリニックで脱毛するのはどうしても恥ずかしい、というのであれば別ですが、同じような値段を払うのであれば、プロに任せたほうがいいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみは治せる!?気になる方はコチラ⇒デリケートゾーンの黒ずみをキレイにしよう

ハイジニーナ脱毛を自己処理でするのは、なかなかたいへんそうですよね。
デリケートな部分だからこそ、エステやクリニックで施術を受けたほうが無難ですし、仕上がりもスベスベになりますよ。

VIOのムダ毛で恥ずかしい思いをした体験談/やんぽん

初めてできた彼氏と旅行をすることになりました。
一緒に旅館で泊まることにしたのですが、温泉が楽しめる旅館で館内には家族露天風呂もありました。
予約なしで鍵が開いていれば自由に入れる露天風呂で、彼氏は私と一緒に入りたいと言っていました。

彼氏の前で裸になるのは初めてで、これはいけないと思い体中を自分で脱毛しました。
自分で家で剃刀や毛抜きを使って脱毛したのですが、デリケートソーンはどのように脱毛するのが良いのか悩みました。
毛抜きではとても痛くて無理で、剃刀で脱毛したら赤くはれ上がってあまり綺麗にできませんでした。
痛みはあまりなかったのですが、見た目はとても悪くなってしまいました。

結局彼氏とお風呂には一緒に入ったのですが、夜で暗くてあまりお互いの裸は見えませんでした。
苦労してデリケートゾーンの脱毛をしましたが、無駄に終わりました。
デリケートゾーンの毛はその後またすぐに生えてきて、生え始めた小さな毛が痛くて肌荒れがひどくなってしまいました。

VIOのムダ毛で恥ずかしい思いをした体験談/愛莉

友人と大学の卒業旅行に行ったとき、恥をかいてしまいました。
みんなで一緒にお風呂に入ったのですが、デリーケートゾーンが私だけ毛が凄く生えていた気がするのです。
私は目が悪いためよく見えなかっただけかもしれませんが、やはりみんなそんなに無かった気がします。

私はほとんど野放しの状態なので、凄く恥ずかしかったです。
こんなことを言ってしまうと怒られるかもしれませんが、友人たちはそういうことに無頓着だとずっと思っていました。

ですが、実際はちゃんとケアをしていたのです。
何もしていなかった自分が、急に恥ずかしくなりました。
私の目に見えていたということは、友人たちも私のを見ていたと考えたほうがいいかもしれません。

だらしないなと思われたかもしれません。
穴があったら入りたいとまでは思いませんが、もう一緒にお風呂は入れないなと思ってしまいました。
完全にツルツルにしたいとまでは思わないけれど、ちゃんと最低限のケアはしておこうと思いました。
24

VIOのムダ毛で恥ずかしい思いをした体験談/凪

25
友人とプールに行ったとき、またのあたりから毛がはみ出しているのが分かりました。
着替えているときに気づけばよかったのですが、気づいたのは少ししてからでした。
どうしようと悩んだ結果、気分が悪くなったと言って着替えて休んでいました。

水着を着るのが久しぶりだったので、把握出来ていなかったのです。
もしかしたら、見られていたかもしれません。
それが友人か知らない人かは分かりませんが、思い出しただけで恥ずかしいです。

結構人がいたので、偶然見られていてもおかしくありません。
プールにいたのはせいぜい10分くらいだったと思うのですが、その間に見られていないことを祈るばかりです。
友人たちのは全く見えなかったので、上手く隠しているのか脱毛しているのか、前日とかに頑張って処理したのかもしれません。
私も肌を痛めない程度に処理をしたつもりだったのですが、どうやら全然足りていなかったようです。

自分の思っている以上に生えているのかと思うと、悲しくなるばかりです。

VIOのムダ毛で恥ずかしい思いをした体験談/デリケートゾーンの脱毛を色々やって失敗ばかりした事

デリケートゾーンのムダ毛などは全く昔から興味がなかったのですが、やはり一度人前でも水着などからはみ出ていて恥ずかしい思いをした事がある為に、やはりこの部分の脱毛は意外に大切なのだと最近は気づきました。

しかし、脱毛サロンなどでのケアをするような金銭的余裕はないですし、自分で脱毛をするしかないと思いました。手始めに家にある物などを使い簡単に脱毛しようと思い、とりあえず安全剃刀を使い剃ってみました。しかし、変な場所なので手が届きにくいですし、はみ出る毛くらいは隠せますが全体的に残った毛の形がとても変でした。

さらに、後で断面がとても鋭くなるようで、チクチクして気持ちが悪い事も多かったです。ですので市販で売っている脱毛クリームを使ってみたのですが、次の夜くらいから痒くなってしまい、夜中に掻きむしってしまい次の日に下半身が真っ赤になっていました。

周辺の皮膚にもクリームが流れてしまったようで、内ももが真っ赤に腫れあがってしまい、パジャマに着替える時に主人に心配されてしまいました。ですのでこの部分の脱毛は失敗ばかりしています。

カミソリ脱毛で肌トーンを上げる

23
顔用のカミソリは、刃の部分も小さく、鋭い刃でありながら、肌へのタッチは優しい物になっています。
縦方向に脱毛をしていくことで、横向きに刃を使用しないことで、肌に直接傷をつけ目ことも少ないカミソリも登場しています。

脱毛をする時、エステなどでも十分な保湿をすることになりますが、これは光脱毛の光にしても、カミソリにしても肌への刺激を少しでも小さくするためです。
保湿を十分にされた肌の上にシェービングクリームをつけ、それからのカミソリ脱毛の場合、肌の上を沢山のベールで覆われていることになります。
そこで、カミソリ脱毛で毛をそぎ取っていくことで、脱毛が完成することになります。
多分、ここまで行っている方の肌はとてもキレイで、トーンも明るくなっています。

特に産毛の処理ができるカミソリ脱毛は、余計な産毛と古い角質をとってしまうことができます。
角質をキレイに取るには、ピーリングの方法がありますが、薬品で肌を溶かすこの方法ではなく、直接とってしまうカミソリ脱毛の方が合理的と言えます。
ワントーン上の明るさが欲しい、とにかく産毛がたくさんありすぎる、簡単な脱毛をしたい方にとっては、カミソリ脱毛はお勧めになりますが、あくまでも保湿に気を使える方にだけできる方法だと思ってください。

肌に優しい刃を使ったとしても、肌負担はゼロではなく、多少は傷がついてしまうことも多いです。
このことを考えると、朝のカミソリ脱毛はお勧めできません。
化粧をしたり、紫外線を浴びることで、肌を傷める事になりますから、必ず夜の脱毛をお勧めします。
その後は保湿を改めて行い、寝てしまうことで、肌修復を自ら行うことになります。

そして、肌が敏感になっているホルモンのバランスが崩れている生理前後もお勧めできないとされています。
このような時のカミソリ脱毛は、痛みを必要以上に感じることが多いとされていますし、実際に傷もつきやすいとされています。
なおエステなども脱毛もこの時期は回避したほうが良いとされています。

http://www2.pref.fukui.lg.jp/press/view.php?cod=66eI951405834099b9

実は良いカミソリ脱毛その内容とは?

脱毛の中で、シェービングを行っている場合があります。
いわゆるカミソリで行う脱毛です。
基礎知識などで、傷を作ったり、キケンな行為として挙げられることも多いカミソリ脱毛ですが、実はメリットもあります。

それも、エステなどで行うよりも良い効果があるとわかったら、考えてしまうところでしょう。
それは、産毛をキレイに除去できることです。
また、肌の上に蓄積している古い角質もきちんととってしまうことができるとされています。
カミソリは、毛を切っていくと同時に、肌の一部も削り取ると言った行動になります。
そのときに、古い角質がなくなっていくという快感的な脱毛が可能になるというのですから、実は注目の脱毛法と言えます。

ちなみにエステなどの光脱毛などは、この産毛の脱毛はできないとされていて、黒い太い毛にしか対応しないとされています。
ですから、どちらかと言うと、産毛がびっしり生えているという場合は、カミソリでの脱毛が良いなんていうケースもないわけではありません。

とはいっても、この場合のカミソリ脱毛は、完璧なまでの準備を整えた上での話です。
間違っても、シェービングクリームもアフターケアもしないカミソリ脱毛では、マイナス効果になってしまうのは当然のことです。
産毛に有効なカミソリでの脱毛ですが、そのためには、正しい知識を持って行うことをお勧めします。

それは、保湿を考えながら脱毛をすること、カミソリの刃は必ず肌に負担をかけない物を使用すること、生理前後には絶対に行わないこと、アフターケアは万全を期すなどです。
ここまで行うシェービングで、初めて、カミソリ脱毛の効果が生まれると言われています。
今までは普通にカミソリ脱毛をしていたと言うかたも多いと思いますが、これら抜けているケアを加えるだけで、肌は劇的に変化していくことになります。

少なくともいつも古い角質はとれていることから、ツルツル感は味わっているとは思いますが、その後のケアを万全にするだけでも、良いシェービングになります。
22